お使いのブラウザのバージョンのサポートが終了しました。最新のブラウザにアップデート、またはGoogle Chromeをお使い下さい。

【面接準備1】 企業研究をする | IT/Web業界の求人・採用情報に強い転職サイトGreen

転職お役立ちガイド~面接アドバイス~

【面接準備1】 企業研究をする

情報を集める インターネット・新聞雑誌のコラム etc.
インターネットは一番手軽に情報を集められるメディアです。
Greenの企業詳細ページや企業のオフィシャルホームページから基本的な情報を簡単に手に入れることができます。
また、近年盛んに利用されているブログやSNSなどで経営者が日常的に情報を配信していることもありますので、企業の素顔を知る参考情報としてチェックしてみてはいかがでしょうか。
ただし企業と関係のない個人が提供している情報の真偽性については、個人の判断に委ねられているため、情報に振り回され過ぎぬように慎重に判断しなくてはなりません。
日常的に読んでいる新聞や雑誌のコラムなどに掲載されているビジネスモデルや経営者に関する記事なども、ファイリングしておくと転職の際に役に立つことがあります。

キャリアアドバイザーイメージ

キャリアアドバイザー 最近よく見かける「社長ブログ」は経営者の日常的な視点を垣間見ることができます。共感する点があれば面接時の話題として盛り上がるかもしれません。
事業内容を見る 応募した企業のどこに魅力を感じているのか?
面接の中で必ずと言って良いほど聞かれる質問の一つに「当社に応募した理由をお聞かせください」というものがあります。
このとき、企業側は「競合他社があるなかで、あえて自社を志望した理由」を聞き出すことで、本気度を知ろうとしているのです。
入社意欲を伝えるためには、具体的に志望動機を答える必要があります。応募企業の魅力を整理して、ハッキリと答えられるようにしておきましょう。

例)競合・業界内での位置づけを整理する
志望動機となるポイントを競合他社と比較して、志望する企業への興味を具体的に説明できるようにしましょう。
志望の動機となるポイント 志望企業 A社 B社
技術開発力
市場シェア
成長性
例) 当社に応募した理由は?(メーカーの場合)
御社の市場シェアは業界5位という位置づけとされていますが、商品はほぼ100%自社の技術開発によって生産されており、過去3 年間の成長率は他社を圧倒しています。
今後のさらなるシェア拡大に自身のスキルを活かして貢献したいという強い希望から今回応募いたしました。

キャリアアドバイザーイメージ

キャリアアドバイザー 企業の魅力をより客観的に語る際に有効なのが実績や規模を表す「数字」です。「資本金」や「売上高の推移」などを確認して利益体質と成長度合を見てみると良いでしょう。
企業理念と文化を知る 働く「場」としての魅力、非常に重要な企業の文化
企業理念は企業の根幹をなし、あらゆる意思決定に通じる柱です。
そこには企業が、個人や社会に対してどんな貢献を目標として活動しているのかが明確に書かれています。
企業理念はおのずと企業文化となり、その企業で働く人たちの発想や発言、行動となって表れます。

確かに理念ばかり立派で行動がともなわない企業もあるかもしれませんが、共感できる理念のもと健全な企業活動が行われているとしたら、その企業は実績以上に魅力的な企業と言えるのではないでしょうか。
×
×

「話を聞いてみたい」を送信しました。

企業の担当者からメッセージが届いた場合、Greenのメッセージ画面にてお知らせいたします。
メッセージが届く可能性を高めるために、レジュメの充実をオススメ致します。

プロフィールを充実させる